My Best Lawyer信頼できる弁護士をアナタは知っていますか?

悩む前にまず相談を

交通事故が起きたら

相続と離婚

悩む前にまず相談を!信頼できる弁護士に相談することが大切です。交通事故の慰謝料、過払い請求

ためらわず交通事故における弁護士の慰謝料相談

通常、弁護士に何か相談をすると報酬を支払う必要があります。

しかし、その金額というのは安くない場合が多い事から交通事故における慰謝料相談をためらってしまう人もいる様ですね。

交通事故における問題というのは人の人生を180度変えてしまう事があるほど、重大な場合もあります。状況に応じて深刻だと思われる場合には、弁護士の慰謝料相談をためらう事なく利用したいですね。そうする事がきっと解決への近道ではないでしょうか。

時には自分の人生だけではなくて、大事な家族にもその影響が及ぶ事もあります。自分のためだけでなくみんなのためにも、解決を目指したいですね。解決が遅れてしまう事がない様にしましょう。

交通事故慰謝料で通院の際の距離に関して

交通事故で怪我をしてしまった場合に通院する必要が出てきますが、これも計算方法が決まっています。交通事故慰謝料の基本的なものですからきちんとおぼえておくことが大事です。

公共交通機関を利用している場合はそのかかった金額をそのまま請求すればいいだけですが、車の場合はどうなっているのかきちんと知っておくことで慰謝料トラブルを減らす事が出来ます。

車の場合の計算方法は距離で換算していくのですが、自宅から通院している病院までを直線で入って1キロあたりいくらかで計算をしていきます。自賠責の場合は1キロあたり15円で交通事故慰謝料は計算されています。

交通事故専門の弁護士と法律事務所があります

インターネットなどで調べると交通事故に特化した弁護士事務所や法律事務所がヒットします。 それらを見ると、やはり示談交渉がうまくいかずに相談に訪れるケースが多いようです。

自己にあった時の示談交渉とは思うようにうまくいかなかったり、納得のいく金額が提示されなかったりすることがあります。交渉にあたる人は保険会社のプロですので、こちらも相応の知識をつけて挑むか、同じくプロに頼むのが交渉をうまく進めるポイントです。 交通事故案件を多く扱っている事務所や、事故に対する知識の深い弁護士のいる法律事務所にあたってみるのが良いでしょう。

後遺障害が残った場合の交通事故慰謝料

交通事故慰謝料には、入通院慰謝料と、後遺障害慰謝料があります。後遺症が残った場合は、自賠責保険に、後遺障害等級認定申請をおこないます。認定審査をするのは、自賠責保険だけです。

申請が却下されたり、実態より低い等級認定となった場合は、何度でも異議申し立てができます。最後には、紛争処理機構という中立とされる機関に申請することもできますが、そうした経過を経ても、自賠責保険の認定結果に納得がいかない場合は、裁判に訴えることになります。後遺症に対する交通事故慰謝料は、自賠責保険の認定結果によって決まりますが、裁判という道もあります。

後遺障害による交通事故慰謝料

交通事故慰謝料の金額の判定は、後遺障害の程度によって変わってきます。しかし、後遺障害と判定は曖昧な場合が多く、それと同時に慰謝料の金額も曖昧になることがあります。基本的に障害の判定は医師の判断に、慰謝料の金額は弁護士や保険会社の担当者などの専門家の判断に任せることになります。

したがって、交通事故慰謝料の話し合いなどは当事者同士だけで話し合うのではなく、出来るだけ揉めず、かつ速やかに解決に導くために、専門家を介して話し合うようにしましょう。また、慰謝料の支払い、あるいは受け取りが滞ることがないように、定期的に確認することも大切です。

後遺障害の認定がされると交通事故慰謝料はどれだけ増加する?

交通事故慰謝料は、後遺障害の認定がされることで、「後遺障害慰謝料+逸失利益」も請求できるようになります。どれだけ増加するのかは、ケースバイケースですが、最も低い等級である14級でも慰謝料は110万円となるので、かなり損害賠償の金額が跳ね上がることになります。

逸失利益のほうも、若い人の場合には1,000万円以上の高額になることがあり、損害賠償の中心を占めるものとなります。弁護士に依頼をするとコストがかかりますが、200万円から3倍の600万円に増額できたケースなどもあるので、相談だけでもしておくことがおすすめです。

交通事故に関する記事

トップへ戻る