My Best Lawyer信頼できる弁護士をアナタは知っていますか?

悩む前にまず相談を

交通事故が起きたら

相続と離婚

個人再生・過払い

弁護士について

悩む前にまず相談を!信頼できる弁護士に相談することが大切です。交通事故の慰謝料、過払い請求

キットを使用して遺言書作成

自筆証書遺言で作成をおこなっていくには、すべて自筆で記載することが条件になります。いざ遺言書の作成を開始しようとしても、ゼロからの状況で作成していく事はむずかしいでしょう。特にはじめての場合にはハードルが高く感じることでしょう。

また無効になるようなケースもありますので、その点を踏まえて遺言書の作成をおこなっていくべきでしょう。そういった場合において非常に便利であるのが。遺言書作成のキットになります。本屋さんなどで販売されていて、二千円ほどで購入できますので気軽に購入することができるでしょう。遺言についての内容説明もありますので、参考にすることができるでしょう。

遺言書作成で注意すること

最近終活という言葉をよく聞きます。それは人生の終わりのための活動なのです。具体的には家にあるものを片づけたり、葬式の準備をしたり、遺言書作成などをするということなのです。親、兄弟、こどもたちが遺産のことでもめないように遺言書作成をしておきます。

これが無ければ、相続の資格がある人が話し合わないとなりません。遺言以外にも伝えたいことなどがあれば、エンディングノートというものが文具店や本屋にあります。そのノートでなくても構いませんが、記録しておいた方がいいです。遺言書にはいくつか種類があって、それぞれルールがあります。しれを守らないと遺言書として有効ではなくなります。

遺言書作成で注意する点について

遺言書作成の方法はいくつか種類がありますが 、最も自由に作成できるのは 自筆証書遺言です。ペンと紙があればいつでも、どこでも作成できます。そのために無効になる事も多いです。法に従った形式や要件を満たす書き方が必要です。

遺言の内容、日付、署名はすべて自筆にします。パソコンも代筆も無効になります。間違えた場合の訂正は法で決まったやり方が必要です。間違えたら書き直しした方ほうがいいです。預貯金は金融機関の支店名、種類、口座番号を記載します。不動産は登記簿謄本どおりに正確に記載します。封筒に入れて押し印します。

遺言書作成で注意したいポイント

認知症や不慮の事故などに備えて、自分の死後に残された家族へ向けて、財産の譲り先を意思表示するために記されるのが遺言書です。遺言書作成で注意したいのは、第一に正しく記入されているかという点です。

遺言書は自筆でなければならない、不動産の相続については登記簿謄本通りに記入する必要があるといった決まり事があります。例えば実家を長女へ、マンションを妻へといった曖昧な書き方は無効となってしまいます。このような事態を避けるためには、弁護士などの法律専門家に立ち合ってもらうのが望ましいでしょう。遺留分も含めた相続の割合についても相談できます。

遺産分割協議、遺留分、遺言書作成など相続手続き

弁護士たちばな総合法律事務所

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【公式】

遺留分・遺言書作成に関する記事

過払い、債務整理、個人再生等借金問題、遺言書作成、遺産分割協議、相続手続き、遺留分等相続問題、離婚、交通事故慰謝料事例の情報を掲載。 大阪、東京、千葉で過払い、債務整理、個人再生等借金問題、遺言書作成、遺産分割協議、相続手続き、遺留分等相続問題、離婚、交通事故慰謝料の得意な弁護士、司法書士を探そう。

弁護士、司法書士が当サイトを運営しているわけではありませんので、内容に間違いがあるかもしれません。

トップへ戻る