My Best Lawyer信頼できる弁護士をアナタは知っていますか?

悩む前にまず相談を

交通事故が起きたら

相続と離婚

個人再生・過払い

弁護士について

悩む前にまず相談を!信頼できる弁護士に相談することが大切です。交通事故の慰謝料、過払い請求

遺言書作成する方法を決める

遺言書作成する際には、三つの方式から選んで作成をおこなっていきます。それは自筆証書遺言や公正証書遺言、秘密証書遺言になります。これらの形式に沿って書記載されていないのであれば無効になるリスクや紛失などのリスクも考えられます。

一番手軽に作成できるのは自筆で作成し、自宅保管が可能な自筆証書遺言書になります。費用もかかりませんので手軽に作成ができます。また、公正証書遺言については、遺言書を作成する際に証人が二人と定められていることや、公正役場にいく手間などがありますが、安全性は高いことがあげられます。秘密証書遺言は、内容は秘密で公正役場で保管します。

遺言書作成のミスは訂正できる

最終的に効力を持っているものを作るまで、遺言書作成のミスは訂正できるようになります。訂正できる範囲は限定されていますが、限定されているからこそしっかり考えたいところですし、訂正できるタイミングでしっかり実施していくことが望ましいです。

作成している内容によって、思っていた以上に問題とされる部分が出てきます。こうした内容的に問題のあるところ、分割の方針がわかりづらいところなどは、遺言書作成の段階で訂正していくのが望ましいです。訂正されている内容によって、分割の方針などがわかりやすい可能性もあります。

自分らしい遺言書作成

遺言書作成には、いくつかの記載方式があります。その方式には自筆証書遺言書や公正証書遺言書などがあります。遺言書の作成をおこなっていく場合には、自筆証書遺言書の選択をおこなうのであれば、自分だけで他の人に知られることなく作成をすることができます。

公正証書遺言所での作成をおこなう場合においては、公証役場まで出向き作成をおこなっていくことになります。遺言者が伝えた遺言の内容を公証人が聞き、執筆していく流れになります。二人の証人に遺言書の作成をサポートしてもらいます。また、弁護士や行政書士などの法律家に依頼をおこなう人もいます。

法律遵守し遺言書作成をしましょう

遺言書は法律で定められた書き方があります。いくつかのルールがあり、ルールを守っていない場合、せっかく遺言書作成をしても無効になってしまいます。ルールと言ってもとても簡単なので、すぐに理解をすることが出来ますが、不安な場合は弁護士を利用すると良いです。

弁護士が法律順守しているのか確認してくれますし、誤解を与えるような書き方をしている場合は、アドバイスをしてくれます。遺言書は、残された家族に対し残すことが出来る唯一のメッセージなので、必ず遺言書作成をしておくようにしましょう。存在を確認してもらわないと意味がないので、見つかる場所に隠すようにしてください。

遺産分割協議、遺留分、遺言書作成など相続手続き

弁護士たちばな総合法律事務所

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【公式】

遺留分・遺言書作成に関する記事

過払い、債務整理、個人再生等借金問題、遺言書作成、遺産分割協議、相続手続き、遺留分等相続問題、離婚、交通事故慰謝料事例の情報を掲載。 大阪、東京、千葉で過払い、債務整理、個人再生等借金問題、遺言書作成、遺産分割協議、相続手続き、遺留分等相続問題、離婚、交通事故慰謝料の得意な弁護士、司法書士を探そう。

弁護士、司法書士が当サイトを運営しているわけではありませんので、内容に間違いがあるかもしれません。

トップへ戻る